美白ケアの中で、保湿を行うことがとても大切であるという件

美白ケアの中で、保湿を行うことがとても大切であるという件には理由が存在しています。それはわかりやすくいうと、「乾燥してしまい無意識のうちにダメージを被った肌は、紫外線の影響に過敏になる」からだと言われています。

コラーゲンというものは身体を形成する繊維状のタンパク質で、数種類のアミノ酸が化合して成り立っている化合物です。人の体内のタンパク質のうち3割強がこのコラーゲンによって占められています。

美容効果のためのヒアルロン酸は、保湿力の高さを基本概念としたコスメ製品や健康補助食品などに使われたり、非常に安全性が高いためヒアルロン酸注射というアンチエイジング治療法にも幅広く活用されているのです。

お肌の真皮と呼ばれる層の7割がコラーゲンによって形成され、細胞間にできた隙間を充填するように繊維状あるいは膜状に存在しているのです。肌にハリや弾力を与え、シワのない若く美しい肌を守り続ける真皮層を組成する中心の成分です。

皮膚の上層には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質で形成された堅固な角質層で覆われている層があります。この角質層の中の細胞間にできた隙間をモルタルのように埋めているのが「セラミド」という脂質の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です